【欅坂46】ファースト写真集 Loppi・HMV限定カバー 『21の未完成』のレビュー

【スポンサーリンク】

こんにちわ〜

欅の住人です。

11月27日に『Loppi・HMV限定版』の受け取りが開始?されましたね。

早速受け取ってきました!

早速紹介『21人の未完成』

欅坂46最初にして最後の写真集!

まじでめっちゃ待ってました。

予約してからずっと気になって仕方なかったので.....

中の写真はここでは載せられませんが、大まかに説明していこうと思います!

卒業してしまう『ずみこ』『ヨネさん』『志田先生』がしっかりと載っていました。

ちょっと感動しています笑

f:id:nokonoko144:20181128165512j:plain

表と裏に21人の写真が良い感じに載っていますね。

個人的には『原田葵』さんの写真を見て驚きました。

なんかすごく大人っぽくなっていて、、、(ネタバレですね)

f:id:nokonoko144:20181128165543j:plain

 欅坂46メンバーとカメラマン紹介!

『21人の未完成』に掲載されている順番に紹介します。

1人目・・・石森虹花&青山裕企

タイトル『虹の彼方へ』

カメラマンのコメント

『「何を見ているの?」。目が合ったら吸い込まれてしまいそうな瞳の色は、虹色だ』

 

2人目・・・今泉佑唯&佐藤祐一

タイトル『ONE and Only』

カメラマンのコメント

『彼女に瞳にピントを合わせると心の歌が聞こえてくる。ただそれに合わせてシャッターを押すだけ』

 

3人目・・・上村莉菜&奥本昭久

タイトル『小動物の衝動』

カメラマンのコメント

『見ているのか見られているのか。消えないようにと見惚れる、黄昏の中の本当のようなもの』

 

4人目・・・尾関梨香&唐木貴央

タイトル『アタラシイキレイ』

カメラマンのコメント

『場の空気を感じながら美しく変化していく。一瞬見せる強い眼差しにまた出会いたくて、シャッターを切り続けてしまう』

 

5人目・・・織田奈那&佐藤裕之

タイトル『樹海』

カメラマンのコメント

『拒むほど閉ざさず、寄り添うほど聞かない。そんな織田那奈の心を、覗いてみたくなった』

 

6人目・・・小池美波&阿部ちづる

タイトル『子猫ちゃん』

カメラマンのコメント

『その場にいるすべての人を魅了する、ほぼデレな子猫ちゃん』

 

7人目・・・小林由依&鈴木心

タイトル『ドキュメンタリー』

カメラマンのコメント

『ひと言では語れないから、小林由依なのである』

 

8人目・・・齋藤冬優花&LUCKMAN

タイトル『カラフル』

カメラマンのコメント

『齋藤冬優花の透明感には、どんな原色も敵わない』

 

9人目・・・佐藤詩織&桑島智輝

タイトル『擬似夫婦』

カメラマンのコメント

『その黒き瞳をみればノスタルジヤ。思ひ出さずにいられない、あの頃の青かった春を』

 

10人目・・・志田愛佳&細井幸次郎

タイトル『青い車』

カメラマンのコメント

『僕たちが見た彼女は、誰よりも素直で、誰よりも正直で、誰よりも女の子だった』

 

11人目・・・菅井友香&三宮幹史

タイトル『VR』

カメラマンのコメント

『撮れば撮るほど、撮りたくなる。次はどんな表情を見せてくれるの?』

 

12人目・・・鈴本美愉&前康輔

タイトル『孤高』

カメラマンのコメント

『何かと戦っているのかのごとく鋭い眼差しを向ける、孤高のツンデレ美女』

 

13人目・・・長沢菜々香&藤本和典

タイトル『My World』

カメラマンのコメント

『頭の中を覗こうとしても深層まで行きつかない。まるで終わりのないマトリョーシカのようだ』

 

14人目・・・長濱ねる&新津保建秀

タイトル『録音部の少女』

カメラマンのコメント

『きっと親御さんから大切に育てられてきたのだろう。だから彼女の食事の所作は美しい』

 

15人目・・・土生瑞穂&伊藤彰紀

タイトル『ヌードな表情』

カメラマンのコメント

『その女(ひと)は万華鏡のように変化し、シャッターは止まらなかった』

 

16人目・・・原田葵&熊木優

タイトル『花を食べる』

カメラマンのコメント

『水のように輝き、染まり、失っていく。それは今の原田葵でしか表せない瞬間だった』

 

17人目・・・平手友梨奈&神藤剛

タイトル『共振』

カメラマンのコメント

『言葉にならない。言葉になれない。言葉はいらない。それが平手友梨奈だ』

 

18人目・・・守屋茜&中村昇

タイトル『花緑青』

カメラマンのコメント

『守屋茜に歯がゆさを感じる。それが彼女の魅力だ。その先の未来を見たい』

 

19人目・・・米谷奈々未&寺田茉布

タイトル『#FFF』

カメラマンのコメント

『何色にでもなれる、いろんな白の米谷奈々未』

 

20人目・・・渡辺梨加&中村和孝

タイトル『本気の・・・』

カメラマンのコメント

『かわいいイメージとは裏腹に、じつはとても大人っぽい。大人かわいいアイドル』

 

21人目・・・渡邊理佐&Maciej Kucia 

タイトル『so far,so close』

カメラマンのコメント

『美しくてミステリアス。簡単に自分の感情を外に出さない。彼女のこと、そして彼女の孤独を、もっと知りたくなった』

『21人の未完成』の感想

いや〜。見ましたよ。『21人の未完成』

 

一言で表すと『違う顔』ですかね。

 

普段『欅って、書けない?』で見ているメンバーの全く違う顔(一面)が見れた気がします。

 

今までどんな苦労をして『欅坂46』を作り上げてきたのか。

そして何が彼女たちを支えて、ここまで来れたのか。

 

などの写真集とは全く関係のない風景が自然と浮かんできました。

 

『アイドルはかわいい存在じゃないといけない』

『皆に好かれないといけない』

 

そんな常識を覆したアイドルこそが『欅坂46』なのかもしれない。

 

確かに『パフォーマンス』『メンバーの個性』は異色で、初対面の人が見ると『え?』って感じる人も少なくはないと思う。

 

 でもそれこそが欅坂46の『ブランディング』でもあり、興味を持ったら引きずり込まれる引力のような『武器』なのだ。

 

『21人の未完成』を見て『彼女らは、まだまだこれからだ』と確信した。