【欅坂46】長濱ねる 1st写真集『ここから』 ねる推しには堪らない1冊

【スポンサーリンク】

こんにちわ〜

欅の住人です。

長濱ねる1st写真集『ここから』の記事でも書いていこうと思います!

長濱ねる『ここから』 

言い忘れてました.....

 

自分は『ねる推し』です。

読者の中にもねる推しな方がいらっしゃると思います。

表紙でやられますよね笑

f:id:nokonoko144:20181126230131j:plain

『長濱ねるは、謙虚だ。いつだって、自分にはまだ何もないと言う。だから”ここから”が楽しみだ』 by秋元康

 

なんかめっちゃいいこと言うやんw

(欅坂46の写真集が出るたびに毎回ここを読んでしまう)

 

『18歳の夏、人生の宝物ができました』 by長濱ねる

 

普段『欅って、書けない?』『握手会』では見れない一面が見れる一冊ですね。

f:id:nokonoko144:20181126230206j:plain

この写真集について

撮影者・・・細居幸次郎

被写体・・・長濱ねる

タイトル・・・『ここから』

撮影地・・・長崎県五島列島

ねる推しになった理由

自分がなぜ長濱ねる推しになったのか。

 

最初は正直『欅坂46』なんか知らなかった。

 

そして本なんか漫画でも読まないくらい嫌いだった。

 

そんな自分が『何かに引き寄せられる』かのように書店に入っていく、普通ならありえない事。

 

数多くある本の中で自分は『ここから』を手にとって見ていた。

 

『長濱ねる?誰これ。』と思いつつ、出合い頭で買っている自分がいた。

 

それ以降『長濱ねる』に関する事を調べて『欅坂46』と言うグループで活動しているのを知りました。

 

あの時『何かに引き寄せられ』なければ欅坂46なんか今でも興味を持っていなかっただろうし、こうして記事を書いていることもなかっただろう。

 

自分にとって長濱ねるという存在は『キッカケ』だった。

 

当時『生き甲斐』が何もなかった自分に『ここから』という本を通してキッカケを与えてくれた。

 

 今では『ファンクラブ』はもちろん『欅坂46・けやき坂46』の大ファンになっている笑

 

こんだけ自分の人生を左右させた彼女のオーラや影響力にひかれて『ねる推し』になりました。 

『ねる推し』は皆買ったよな?笑 

2018年12月現在で『10度目の重版で発行数20万部突破』らしいですね。

 

10度目ってすごすぎだろw

 

自分みたいに『ねるがキッカケ』で欅坂46を知った人も少なくないんじゃないかな?

 

どうなんだろう?

 

最近だと『CM』『雑誌』とかで特集されてるからな。

 

読者の方でそういう方いらっしゃいますか。

 

ぜひコメントください!

 

最後まで見ていただきましてありがとうございます。

 

それでわ!